/, ブログ/最終回 「自分の役割を達成し 商品を消費者の元へ」

「イチからのモノづくり」
最終回  「自分の役割を達成し 商品を消費者の元へ」
月刊 食品工場長(日本食糧新聞社)

今回、巻頭言という雑誌の初めの「イチ」のページにおいて、雑誌全般を
認識し見渡して発言するという経験をさせていただいた。この中で、立ち「位置」(ポジショニング)の確認を重視してきたが、今に至ってもその重要性をあらためて感じる。… (続き)

2014年4月号より、月刊 食品工場長(日本食糧新聞社)に、公益社団法人日本技術士会 登録 食品技術士センター 会長 江本 三男 として、記事を連載しております。

▼バックナンバー

第1回「技術士を良きアドバイザーに」 2014/04 
第2回「大量生産を前提としたモノづくり ー序論ー」 2014/05
第3回「アイデアの具現化とコンセプトの確立」 2014/06
第4回「高商品力を目指す商品化のプロセス」 2014/07
第5回「試作から量産へ 生産技術の確立」 2014/08
第6回「プロモーションによるブランドの確立」 2014/09
第7回「商品開発の期間と技術的難易度」 2014/10
第8回「日本初のレトルト食品開発と技術の連鎖」2014/11
第9回「長期販売を視野に清涼飲料の開発と生産」2014/12
第10回「栄養製品の開発と展開 医療用から一般食品へ」2015/01
第11回 「現地レベルに合わせ 技術を海外へ水平展開」2015/02

1404-kantougen1405-kantougen1406-kantougen1407-kantougen1408-kantougen1409kantougen 1410kantougen1411-kantougen1412-kantougen 1501-kantougen1502-kantougen

 

 

2018-05-29T17:51:48+00:00